【2020年】オードリーのオールナイトニッポン頻出ワード・人名まとめ

オードリー

リトルトゥース

オードリーのオールナイトニッポンのリスナーのこと。
レディーガガのファンの総称を「リトルモンスター」と呼ぶことに由来して、 2012年5月19日の放送で若林さんが命名。作家や芸能人のリトルトゥースも多くいる。

チーム付け焼刃

番組スタッフの総称。企画がリスナー任せの付け焼刃だったことから 2010年2月27日の放送で若林さんが命名した。
(※名前をクリックするとTwitterアカウントに飛べます。)

現メンバー(2020年6月20日現在)

  • 中村 ちゃん(ディレクター:元ミューコミプラスディレクター)
  • 舟崎ちゃん ( 舟崎彩乃 :アシスタントディレクター)
  • 青銅さん(藤井青銅:放送作家)
  • ヅカ( 飯塚大悟 :放送作家 )
  • サトミツ(佐藤満春:放送作家)
  • ひろし( チェ・ひろし :放送作家)
  • 大坪さん( 大坪秀嗣 :ミキサー)

過去メンバー

  • 石井ちゃん(石井玄、元ディレクター) 2020年6月13日卒業
  • 芳樹さん(宗岡芳樹:元ディレクター)
  • 奥田泰(奥田泰:放送作家)
  • ちょうなが( 長永拓也 :放送作家)
  • 栗ちゃん( 栗坂祐樹:放送作家)
  • 大沢さん( 大沢和隆 :ミキサー)
  • 今村、福島、ミホちゃん、しおりん、ミカちゃん(アルバイト:早稲田大学放送研究会 )

チーム付け焼刃が番組を語った記事

マイナビニュースに、チーム付け焼刃が番組についてインタビューされた記事が公開されています。

『オードリーのオールナイトニッポン』の裏側(1) チェ・ひろし、自身のコーナーは「僕が見たいやつを考えてるだけ(笑)」
オードリーがパーソナリティを務めるニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土曜 25:00~)。構成作家として携わるチェ・ひろしにインタビューを実施した。
『オードリーのオールナイトニッポン』の裏側(2) 奥田泰、2人の“同年代トーク”は「微妙なラインをついてくる(笑)」
オードリーがパーソナリティを務めるニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土曜 25:00~)。構成作家として携わる奥田泰にインタビューを実施した。
『オードリーのオールナイトニッポン』の裏側(3) 藤井青銅が明かすオードリーの成長と長寿番組になった理由 (1)
ニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』の作家・藤井青銅にインタビューを行い、番組が長く続く理由やオードリーの成長について明かした。
『オードリーのオールナイトニッポン』の裏側(4) 石井玄が語るオードリーのすごさ「珍しいコンビですよね(笑)」 (1)
『オードリーのオールナイトニッポン』のディレクター・石井玄氏にインタビューを実施。

ちなみにオードリーのオールナイトニッポンin武道館開催にあたって刊行された一連の書籍でも歴代チーム付け焼刃の対談が掲載されています。
これらはオードリーのオールナイトニッポンの歴史がものすごい密度でつまったリトルトゥースにとっては最高の書籍なので是非読んでみてください!

オードリーとオールナイトニッポン 自分磨き編

オードリーとオールナイトニッポン まだまだ30代! 編

オードリーとオールナイトニッポン 死んでもやめんじゃねーぞ編

オードリーとオールナイトニッポン 最高にトゥースな武道館編

ショーパブ芸人

オードリーが下積み時代を過ごしていたショーパブ「そっくり館キサラ」に出演していた芸人のこと。

  • TAIGA(キサラでジョーの胸倉をつかんで怒鳴りつけていたことをよくいじられている。)
  • ビトタケシ(芸人を辞めようと悩んでいた若林さんに「死んでもやめんじゃねえぞ」と言った恩人。)
  • バーモント秀樹(「大ドカンアーイ!」と言って登場する。アドリブがきかず、まったく同じネタしかできないのでカセットテープ芸人と言われている。)
  • ジョー(ダブルネーム。若林さんは風呂無しのアパートに住んでいた時、ジョーの家でシャワーを借りていた。)
  • くじら(番組初期はあまりのクズっぷりをよくネタにされていた。)
  • HEY!たくちゃん(電話で松山千春さんの物まねをさせられてはガチャ切りされている。)
  • ゴンちゃん(ビックスモールン。若林さんが心を許す後輩。)

マネージャー(ケイダッシュステージ)

  • 岡田( 岡田裕史 :無類のラーメン好き。自信満々の態度や謎の行動・言動をよくトークのネタにされている。)
  • Dちゃん( 佐藤大介 :オードリー愛が強すぎることをよくいじられる)

コメント

タイトルとURLをコピーしました